ディスコグラフィー

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

​2nd ソロアルバム (国内初のアルバム!)

A La Española (ア・ラ・エスパニョーラ)2021

A La Española (表紙).png

​・トラックリスト

 欧州、特にスペインにあるギターの歴史は、それはそれは深く、数々の音楽家や製作家たちの血のにじむ研究によって、ギターは多様な音楽スタイルに身を染めていった。それは今この令和の時代でも多くの研究があり、ギターは刻一刻と発展を遂げている。
 留学のためにセビーリャに渡った私は、現地の人々の音楽、芸術に対する熱意、自分の演奏する楽器への愛着や誇りを、思う存分味わってきた。同時に、その熱意が半端なものでは、すぐに相手にさえされなくなった。それだけ、セビーリャ、いや、アンダルシア、いや、スぺイン音楽に対する誇りと愛着があるのだ。私はそんな中、音楽と真剣に向き合う姿勢を学んだ。
 このアルバムは、彼らの熱意と素晴らしいスペイン音楽の芸術世界を、ギター一本
で表現する事を目的とし、曲ごとにギターを変えるなど、様々なこだわりを持ちながら制作した。菅沼聖隆が想い描く「ギターで奏でるスペイン音楽」を、ごゆっくりお楽しみいただきたい…。

​    -ギターのためのソナタ (1933) - アントニオ・ホセ
                    (1902 - 1936)

  1. 第1楽章 アレグロ・モデラート

  2. 第2楽章 メヌエット

  3. 第3楽章 悲しみのパヴァーヌ

  4. 第4楽章 ファイナル
     

  5. ファンダンギーリョ - ホアキン・トゥリーナ
                                             (1882 - 1949)


    -大ソナタ2番 Op.25 - フェルナンド・ソル
                                              (1778 - 1839)

  6. 第1楽章 アンダンテ・ラルゴ

  7. 第2楽章 アレグロ・ノン・トロッポ

  8. 第3楽章 アンダンテ (変奏)

  9. 第4楽章 メヌエット
     

  10. トゥレガノ - F. モレノ=トローバ
                                (1891 - 1982)

    -組曲「プラテーロと私」- E. S. デ・ラ・マーサ
                                                       (1902 - 1982)

  11. I プラテーロ

  12. II 狂人

  13. III 屋上​

  14. IV ダルボン医師

  15. V 散歩

  16. VI 泥亀

  17. VII 死

  18. VIII 土に眠るプラテーロへ

・使用楽器
-トラックナンバー [1 ~ 4]
ステファン・シュレンパー "ラ・カルマ" 2019
(ヴォルプスヴェーデ、ドイツ)

-トラックナンバー [5, 10]
君島 聡 "ソル" 2020 (東京、日本)

-トラックナンバー [6 ~ 9]
アンドレアス・ギッテン 182? (アースバーグ、ドイツ)

- トラックナンバー [11 ~ 18]
​アルカンヘル・フェルナンデス 1984
(マドリード、スペイン)

 D00EM08221  A La Española 2021
​共通販売価格: ¥2,500円(税込)

CDデータ:

アイテム#:D00EM08221
アーティスト: ギター 菅沼聖隆

レーベル: ©2021 Sylphide Records
ジャンル: クラシック
レコーディングホール:かながわアートホール

 

Encuentro ~出会い~ 

(Dúo Masawi) 2019

インターネットが生み出した奇跡のフュージョン・デュオ 「Masawi」のファーストアルバム

Cover Design Box - MASAWI 2019 (2).jpg

​・トラックリスト

  1. 南風 (ラミーロ・デ・ラ・セルダ)

  2. カンタリーナ (ウィリー・クラウレ)

  3. アンデス・オリエンタル (ウィリー・リオス)

  4. 思いの届く日 (カルロス・ガルデル)

  5. チャランゲアンド (ウィリー・リオス)

  6. カルミンのバラ (ネストル・オルモス)

  7. 出会い (ウィリー・リオス)

  8. 夕暮れ (ウィリー・リオス)

  9. ロサーノのサンバ (グスターボ・クチ・レギサモン)

  10. スクレ (菅沼聖隆)

  11. ​優しい風 (菅沼聖隆)

インターネット上で知り合った二人の音楽家、Willy Rios (ウィリー・リオス:チャランゴ奏者)と私、菅沼聖隆 (ギタリスト)。

 

ウィリーは南米大陸の内陸国「ボリビア」の首都スクレ市出身。ボリビアの民族音楽を奏でるのも勿論、その後のカナダへの遠征を経て、様々な音楽を熟知する人物である。私が両親の影響で「ボリビア音楽」に精通していたこともあり、彼との共演の話はインターネット上でリアルタイムに、しかも迅速に実現へと発展した。2019年03月30日、彼の出身地であるスクレ市にある「2月3日ホール」にて、我々のコンサートが「Duo Masawi」として実現。

我々が得た最高のEncuentro (出会い)を、今皆様の耳へ…。。

SG-1002 Encuentro ~出会い~ (Dúo Masawi)
​共通販売価格: ¥2,500円(税込)

CDデータ:

アイテム#:SG-1002
アーティスト: チャランゴ:Willy Rios, ギター:菅沼聖隆

レーベル: Studio Masa (東京, 町田)

ジャンル: ワールド・ミュージック
レコーディングスタジオ:
Carolina Records studio (ボリビア, サンタ・クルス) [トラックナンバー 1, 9]
Studio MAYWI (ボリビア, スクレ)  [トラックナンバー 2~8, 10, 11]

​菅沼聖隆(まさたか) 1st ソロアルバム

Seriously Laughing (シリアスリー・ラッフィング)2017

​ 私、菅沼聖隆は、 スペイン南部のアンダルシア州に位置するセビーリャに留学をしてた。そして、その留学を糧にしようということから、「コントラステス・レコード」というスペインのレーベルから、人生において初の「ソロアルバム」を2017年に発表した。南米レパートリーが数多く収録された作品に仕上がっている。勿論、私が南米風味を含んで作曲した曲も4曲収録されている。思えば、私がギターを弾く基となった音楽ジャンルでもあり、収録しながらどこか懐かしさも感じるほど思い入れが深い1枚である。

​・トラックリスト

アンデスの山 – 菅沼聖隆 (1996)

壊れたチャカレーラ – 菅沼聖隆 (1996)

セビーリャのミロンガ – 菅沼聖隆 (1996)

懐かしのタンゴ – 菅沼聖隆 (1996)

フェリシダージ – アントーニオ・カルロス・ジョビン (1927-1994)

澄み切った空 – キケ・シネーシ (1960)

エコー (アルゼンチン伝承音楽) – 作者不詳

ベニの浜辺にて - ローラ・シエラ・メンデス (1914-?)

母に捧げるグアヒーラ – ホセ・アントニオ・ロハス (1909-2009)

コロンビア組曲第2番 – ヘンティル・モンターニャ (1942-2011)

エル・チョクロ – アンヘル・ビジョルド (1861-1919)

アルフォンシーナと海 – アリエル・ラミレス (1921-2010)

CR 201702 Seriously Laughing
共通販売価格 2,500円(税込)

CDデータ:

アイテム#: CR 201702

バーコード: 019962131653
アーティスト: 菅沼聖隆

レーベル: Contrastes Records

ジャンル:クラシック

 レーベルのホームページにても、このCDが紹介されています。下記のURLへご訪問ください。
(※日本語は記載されておりません。)

 ​ ↓             ↓

http://www.cataloguecontrastesrecords.com/seriously-laughing

El Baile de la juventud ~若者の舞踏~

(Masa&Chiei) 2012

YouTubeのジプシー・キングス「インスピレーション」の再生回数上昇中のカバー演奏動画で演奏している、デュオユニットMasa&Chiei。結成きっかけはお互いの「ジプシー・キングス遊び」。ぶつかり合うギターサウンドの濃さは、このユニットならでは。

screenshot_01_edited.jpg

私の父「菅沼ユタカ」が活動していたグループ「YMSセッション」で、ギターと歌を担当していた母「菅沼セツコ」が入院離脱している間、ピンチヒッターで呼ばれたギタリストの「智詠 (Chiei)」。その頃小学5年生だった私は、「ジプシー・キングスごっこ」と称して、沢山のジプシー・キングスナンバーを弾きまくるなど、彼とは良く遊ばせてもらった。
その縁があってか、2011年にギターユニット「Masa&Chiei」を結成。ジプシーキングスナンバーは勿論、お互いの持ち曲をジャンルを問わず拾い上げては演奏していった。
CDでは、更なるお互いの良さを出せるよう、アルゼンチンタンゴやフラメンコのナンバーを収録。

・トラックリスト

  1.  平和と絆 (菅沼聖隆)

  2. トロイロとサルガンのために (ルイス・サリーナス)

  3. 思いの届く日 (カルロス・ガルデル)

  4.  エル・チョクロ (アンヘル・ビジョルド)

  5. アモール・エテルノ (菅沼聖隆)

  6. カディスの空 (菅沼聖隆)

  7. 四つの椅子 (Chiei) 

  8. エル・アレナル (Chiei)

  9. フーガと神秘 (アストル・ピアソラ)

  10. リベルタンゴ (アストル・ピアソラ)

  11. 若者の舞踏 (菅沼 聖隆)

SG-1001 El baile de la juventud ~若者の舞踏~ (Masa&Chiei)
​共通販売価格: ¥2,500円(税込)

CDデータ:

アイテム#:SG-1001
アーティスト: ギター:小林智詠, ギター:菅沼聖隆

レーベル: Studio Masa (東京, 町田)

ジャンル: アルゼンチンタンゴ、フラメンコ